職場の不満攻略法 職場環境への不満

【嫉妬】出る杭は打たれる文化の会社は辛いので辞めて良い【間違ってない】

出る杭は打たれる会社は辛い

あなたが正に今「出る杭は打たれる」文化の会社にいて、モロに打たれてるのなら。

その会社はハッキリ言って辞めて良いです。

理由として、出る杭を歓迎してくれて、受け入れてくれる文化の会社はゴマンとあります。

ですので、そちらで働く方があなたらしく働けます。

その上能力を発揮でき、さらに社会に価値提供ができます。

今所属している会社であなたらしさを発揮すると、周りの人も煙たがり、あなたも苦しくなってきます。

出過ぎて打たれないくらいの杭になる。

しかし、これは中々精神を消耗させます。

可能であれば、早いうちにその会社を辞め、出る杭を打たれない会社に転職するのが正解です。

⇒【仕事で努力が報われない職場の嫌な特徴

⇒【バカばかり?レベルが低い職場の特徴と対処法

⇒【上司の「結果を出してから言え」はフル無視

出る杭を打たれる文化の会社にい続けるのは辛い

出る杭は打たれる文化の会社にい続けるのは辛いです。

あなたの能力が発揮できないのは楽しくない

あなたは恐らく今、出る杭として打たれているのでしょう。

はじめのうちは「勝手に言ってろ!」と強気になれるかもしれません。

しかしいずれ、ほぼ間違いなく気が滅入ってきます。

周りの批判や足の引っ張りはジャブのように効いてきます。

会社に出社するのも億劫になり、最悪の場合は体調を崩し出社が難しくなるケースもあります。

大げさではありません。

「頑張って状況を改善しよう!」という素晴らしい気持ちと実行力を持った者を叩く行為。

そんな非生産的な行為である「出る杭は打たれる文化」の会社、なぜそんな人たちはそんなことに時間を割くのでしょうか?

⇒【仕事に意味を感じない・見出せない時

合わせて読みたい
仕事に意味を感じない、見出せない
【注意喚起】仕事に意味を感じない見出せない!状態に陥るのはヤバイ!

続きを見る

嫉妬が主な原因

人間の嫉妬という気持ちは舐めてはいけません。

人間の持つ感情の中でもかなり強大な部類に入ります。

例えば恋愛においては、嫉妬をすることが引き金となり暴行などの事件に発展するケースも少なくありません。

「嫉妬」は、基本的にはレベルが低い人が高い人に持つ感情です。

あなたが自分の意見を持ち自分らしさを発揮する、輝くという行為に対して彼らは嫉妬をします。

その人自身が、あなたのようにできていないという「悲しき哀れな現実」を受け入れざえるをえないからです。

すると、あなたが頑張れば頑張るほど、自分が頑張っていないことを認めることになります。

その嫉妬という感情は、あなたが思ったよりも大きいので注意が必要です。

⇒【職場の人間関係を諦めると楽になれる!

対策①:出過ぎて打たれない杭になる

人は出た杭は打ちますが、出過ぎた杭は打たないという習性があります。

その心理はこうです。

例えば、ちょっとくらい出た杭であれば、

ココに注意

自分にもできそう→だが自分はそれをしていない→それだけは認めるわけにはいかない→杭を打ってやめさせよう

と。

詳細に書くとなんだか人間の嫌な部分が出てしまいますね。

しかし、出過ぎた杭の場合、

ココに注意

俺(私)にはできないレベルの杭(仕事っぷり)だ→自分が頑張っていない訳ではないのだな、よしよし→賞賛してやるか!

と。

その職場の中で叩かれようが「圧倒的に出過ぎた杭」になれば批判や嫉妬はきません。

しかし、これには注意点があります。

⇒【職場で陰口を言われるのが気になる!

注意:出過ぎた杭になるまでが精神的に疲れる

出過ぎた杭になるまでは精神的に疲れるということ。

その上、杭を叩く力が強すぎる場合、出過ぎた杭にさえなれない可能性もある。

頑張って突き抜けようとしている途中の嫉妬や批判の全てにあなたは耐えられますか?

中には過激な攻撃(例えば社内報に載せたり、有る事無い事でっちあげて社内通報する人)もいますので注意が必要です。

あなたがその会社や組織で出過ぎた杭になるのならば、何を言われても変わることのない断固たる決意が持ち合わせることが必須条件。

合わせて読みたい
職場で嫌がらせを受けて辛い
職場で嫌がらせをされるのが辛い時どうすれば良いか【自分の身を守る方法】

続きを見る

対策②:出る杭を打たない文化の会社へ転職

出る杭を打たない文化の会社は、今の世の中にはゴマンとあります。

出る杭を打つ文化は、昭和気質の日系企業サラリーマンにありがちです。

これが良いか悪いかの話ではありません。

長い年月の中で、その会社では「出る杭を打つ文化」が醸成されてきたのです。

しかし今は平成も終わり、令和です。

日本の企業が世界で生き残っていく為に必要なのは忖度や出る杭を打つ文化の会社ではなく、出る杭を育てる文化の会社です。

現にそのような「良い会社」はたくさんあります。

ではどこで探せば良いのでしょうか?

⇒【上司の本音と建前が分からない

会社の大小を問わず多様な価値観を受け入れる会社か否か

会社の大小は関係ありません。

むしろ大きくなるほど「大企業病」にかかっている可能性もあり、出る杭をすぐに打ってくる可能性があります。

ココがポイント

大小にとらわれず、多様な価値観を受け入れる会社かどうか。

この一点のみに意識を集中させてください。

しかし、自分で見分けるのは中々困難。

そういう時こそ転職サイトを上手に使い、専門家に相談、紹介してもらうのがグッドです。

こんな記事も読まれています

⇒【介護経営者が解説!好印象になる介護の転職理由の答え方と回答例5つ
⇒【介護経営者が解説!介護の面接で長所・短所を聞かれたらこう答える
⇒【介護の面接の逆質問とは 5つのポイントと9例を介護経営者が解説
⇒【介護経営者が教える!面接でよく聞かれる15の質問と模範回答例
⇒【なぜ不採用?介護経営者が解説する介護の面接で落ちた理由と対策法
⇒【介護経営者が解決!未経験・無資格で介護に転職する時の9つの不安
⇒【介護経営者が解説!介護の面接を突破し転職に成功する志望動機とは
⇒【雑魚!クレームから逃げる上司の実態
⇒【仕事の負のスパイラルを断ち切る方法
⇒【上司の「結果を出してから言え」はフル無視
⇒【仕事を振ってくれない上司の醜い心理?
⇒【会社員に向いていない人の特徴!独立すべき?
⇒【テレアポで周りの目が気になる時どうする
⇒【上司に言い訳をするなと言われる!無視OK?
⇒【仕事で努力が報われない職場の嫌な特徴
⇒【職場で群れるのが苦手な人の立ち回り方
⇒【仕事に意味を感じない・見出せない時
⇒【月曜朝に行きたくない時の手順

PS.損してる?あなたの本当の価値は「想像以上」

 

本来のあなたの年収、市場価値はそんなものではないかもしれません。

 

今のあなたのままで「あなたのような人が欲しい」という会社に転職できれば、簡単に年収をアップさせられます。

 

そのためにはまず、あなた自身について客観的かつ正確に知る必要がありますね。

あなた自身が知るべき4つのポイント

1.転職市場で必要とされるあなたのスキル

2.転職市場で必要とされるあなたの経験

3.あなたの職歴・業界・ポジション

4.前職での仕事の達成率

 

これらの、あなた自身の価値を知ることができれば、今のスキルや経験で1.5〜2倍の年収UPも可能ですよ。

 

でも、

「転職市場で必要なスキルって何?」

「自分の経験やスキルをどこまで棚卸しすれば良いの?」

「今までのキャリアでの仕事の達成率なんてどう判断するの?」

と思いますよね。

 

実は、ミイダスというアプリが、あなたのスキルや経験の棚卸しをたった5分でやってくれます。

 

その価値診断だけでも済ませておくのがおススメですよ。

 

面接確約

 

すぐにあなたの転職市場での価値が分かるので、見るだけでもワクワクしますよね。

 

ミイダス

こんな風にあなたの価値に対する想定年収が出ます。

 

質問例

このように、市場価値診断に必要な質問にたったの5分で答えられます。

 

もし転職しない場合でも、あなたという人材の市場価値を正確に判断する目を持つことは重要です。

 

それは「仮に今の会社で続かなくても心配ない」という事実を知れるからですね。

 

そして転職したい方は、この価値を活かし自信を持って転職活動を行ってください。

 

また、質問に答えているので、このアプリの中でお得に転職活動をすることもできます。

 

このアプリを通して応募をすれば、通常なら必要な書類選考なしでそのまま面接の設定ができるんですよ。

 

面接確約!転職するならミイダス!

※無料5分で診断

※転職する場合も内定・入社の最後まで完全無料

 

最後に

行動しなければ、何も変わりません。

迷っている時間はもったいなく、行動するだけで自分自身を変えることができます。

ぜひ、さっそく行動に移しましょう!

-職場の不満攻略法, 職場環境への不満

© 2021 Ke's Blog Powered by AFFINGER5